TOP > ラ・スース アンTOP > Information

☆週替り 平日限定特別ランチのご案内☆

〔7/26(月)〜 30(金)〕
 
※ 水曜日は定休日でございます。
 
♪当日のご予約についてのお願い♪

※当日のご予約につきましては、出来る限りお電話にてお願いいたします。

<お肉料理>
やわらか豚肩ロース肉のグリエ
温野菜添え ヴィンゴットソース


<パスタ料理>
エビとイカ、玉レタスのあっさりオイルスパゲッティ
   

上記どちらかのメイン料理をお選びいただく平日限定のおすすめランチ
【本日のスープ、自家製パン、特製デザート、コーヒー付】
  \1,500(税込)








ラ・スースANNでは新型コロナウイルス等の感染予防 及び 拡散防止のため 下記対策を実施しております。


■お客様への対応

1.消毒液の設置

館内各入口にアルコール(エタノール)消毒液を設置し、お客様が手指の消毒をしやすい環境に努めております。

2.館内消毒、換気の実施

ドアノブ、扉、エレベーター内外ボタン等 お客様の触れる機会が多い箇所のアルコール消毒 及び 館内の換気を定期的に実施しております。

3.マスクの着用

お客様及び従業員の健康と安全を配慮し、レストラン、カフェ営業時、打合せ時において従業員はマスクを着用しております。


■従業員への対応

1.従業員は、出勤時に検温、体調確認を徹底し、体調不良者については自宅で静養させる等の措置をとります。

2.マスク着用の義務化を実施しております。

3.全従業員が手洗い、うがい、手指の消毒の徹底を行っております。

4.食材に触れる従業員は、マスクとゴム手袋を着用しております。

                     
尚、上記については、政府並びに関係機関の示す方針に準じ、更新する可能性がございます。




♪パイプオルガンが奏でる世界・ANNチャペル パイプオルガンの特長♪
(TSUJI ORGAN opus-78 2002)


パイプオルガンは紀元前から 演奏されていた楽器です。かわいらしい小さな音から オーケストラのような大きな音まで奏でることができることから「楽器の王様」と呼ばれています。

ラ・スースANNチャペルのパイプオルガンは、世界遺産であるスペイン・サラマンカ旧市街にある
サラマンカ大聖堂の“鳴らずのオルガン”を修復したことでも名高く、世界的に有名なオルガンビルダー(建造家) 辻 宏先生が2年半の歳月をかけて すべて手造りで制作された作品です。

オルガン本体は、岐阜の白川の原生林で育った樹齢200年を超える もみの木で作られています。
鍵盤は つげの木と黒檀、音を奏でるパイプは 錫(すず)と鉛をとかし
一本一本丁寧にのばして丸めて作られています。

正面には27本のパイプ、その奥にはさまざまな長さや太さのパイプが並んでいます。
その数は 全部で300本です。

豊かな自然に囲まれた岐阜、白川の工房で素材を生かして造られたパイプオルガンが奏でる音色は、
天から降り注ぐやわらかい光のような やさしさ と あたたかさ があります。





Copyright (C) La source ANN. All Rights reserved.

ページトップへ